password

2016年6月19日日曜日

Windows10の、WindowsMobile使用記

 私が初めて使ったスマホは、東芝製のTA01というwindowsPhoneでした。当時スマホは、docomoなどの大手キャリアからは継子扱いされ、キャリアが公認しないと売らせてももらえない状況でした。その公認のために、このwindowsPhoneは当時のimodeも使えず、インターネット接続はMoperaというプロバイダー経由でした。skypeは封印され起動もできませんでした。その後、iPhoneの発売でキャリア側の変更が求められ、逆にAppleがキャリアを承認しないと使わせてもらえないという状況になり、後発のキャリアから順に、キャリア側の仕様変更が行われ、最後にdocomoもimodeを廃止してiPhoneが使えるようになりました。
 現在、iPhone・androidの2台使いをしていますが、windows10バージョンのwindowsMobileの登場で、3台使いが始まりました。スマホとPCは世界が違うということで、Microsoftもスマホは無視していましたが、windows10はスマホでも使える・スマホとパソコンの垣根を外すというOSを開発して、androidのように無償で配布しています。そのため、最も安いスマホ端末ができたのです。電話回線の無いタブレットなどは、家電販売業界の「おまけ」としてタダで配布されています。
2016-06-18 08.35.32
購入したのは、katana01という5インチモデルですが、simフリーは当然で、海外では常識のsim2枚差し可能なモデルです。このsimフリーというのが、電話会社の束縛から離れるポイントです。日本のキャリアは、ガラケーという電話回線だけでインターネット接続もする、疑似スマホが主流で、Data回線やWiFi接続は、制限しているのです。そのため、キャリアメールはsimが変えれば使えません。simロックして、他のキャリアへの乗り換えをしにくくしています。
この端末のために、新たなキャリア契約はしたくなかったので、手持ちのBiglobeのsimを指して使うことにしました。しかし、予想以上の使いよさなので、音声電話も使える、新たな専用のsimを契約することにしました。
何が良いとかというと、PCの感覚で使えることです。パソコンとスマホは文化が異なり、知識は全く別物です。知識は必要ないのがスマホですが、いろいろ節約を考えると、知識が必要です。3台目のスマホは、初期費用12800円、毎月の負担300円です。
windows10のアプリ(ストアからダウンロードしで使う、タブレット・スマホ形式のソフト)は、8や8.1の時代からありますが、レベルが低く、正直PCでは使う気のしないものばかりでした。Mobileではこれしか使えないので、アプリの充実がwindowsMobileの成功のカギになります。久しぶりのストアは、MS社の本気度がうかがえるもので、結構使えるものができています。
wp_ss_20160619_0001 wp_ss_20160619_0002 wp_ss_20160619_0007 wp_ss_20160619_0008
スマホには必須のGPSだが、Windows10のフラッグシップともいうべきSerfaceProにはGPSはありません。代わりに、WiFiを使う位置情報が使われるのですが、やはり屋外で地図を見るにはGPSは必須です。MobileにはGPSもG検知も入っていて、コンパスアプリも、Mapアプリも用意されています。音声検索は、Windows10から導入されたcontaがあり、これはPCよりも軽く動くようです。
wp_ss_20160619_0006 この画面を出すのに迷いました。起動アプリ一覧と、それを終了させるものですが、下に3つ並んだ左端の←戻るボタンを長押しします。
あとは、×をタップするか、下にスライドアウトさせて終了できます。
iPhonでは、真ん中のホームポタン、Androidでは右端のボタン、windowsMでは、一番左です。この辺りは、スマホで統一してくれるといいのですが。
ちなみに、このようなスクリーンショットは、右サイドの電源ボタンと、音量↑の同時押です。iPhoneやAndroidoでは音量↓で、逆でした。









wp_ss_20160619_0010
設定は、ホームの上からスライドでも出せます。
テザリングは、モバイルホットスポットという名前です。
テザリングは、キャリアは別料金を取る(2年目から)方式ですが、こんなもの接続共有なので、別料金の必要は無いですね。もともとdata使用料は、制限があるのですから。だから言葉を変えたのでしょうか。ちょっと分かり難いです。
まだまだ本格的には使っていませんが、私にとってはベストのスマホになりそうです。今後、ChromeやGoogleMapが使えれば良いのですが。音声検索も進化にはまだ時間がかかりそうですね。
Officeは、word・excel・powerpointなど、完全に無料です。ただし、excelはマクロもフォームも動きません。互換ソフトと同じです。でも見るだけなら十分ですね。




wp_ss_20160619_0011 wp_ss_20160619_0013 wp_ss_20160619_0012
MSが何でskypeを買い取ったか分かりました。キャリアとの契約なしで、電話番号も、SMSも出来るようにするためだったのですね。skypeクレジットで、電話が必要な時にはどこへでもかけられます。番号を取得すれば、SMSも可能です。キャリア契約なしなら、月額300円のsimで十分です。最後発のスマホということで、最安値の端末ですが、安い理由は電話会社が売らないということなのです。officeが無料で使える10インチまでの大きい画面で使うべきかもしれません。

2016年2月10日水曜日

GoogleChromeのショートカットで、日めくりカレンダー

GoogleChromeは、2016年1月末現在、ブラウザのシェアがIEを抜いてトップになりました。この傾向に恐れを持ったMSは、windows10のブラウザEdge(エッジ)をwindows標準化し、Chromeに負けないブラウザを発表しています。また、天敵のChromeに対し、嫌がらせの更新を加えChromeの機能を制限してきました。chromeが嫌われる理由の一つは、ChromeのXp・Vista対応です。IEをXp・Vista用に更新しないことで、windows10を進める方針が、chromeのXp・vista対応が邪魔しているのです。しかし、遂にchromeもこの3月でXp・vista用の更新をやめると発表しました。今後は、7以降用に開発していたChromeベータ版を標準にし、旧版のChromeの更新をやめることにしたのです。windowsの更新のたびに、Chromeの機能を制限され、このための更新を続けることは、Chromeにとっても面倒だったはずです。

Chromeの優れている点は、Webべージを「アプリケーションモード」で開かせる「ショートカットの作成」機能です。今や、ブラウザはインターネットを開くOSのようなもので、ブラウザの「お気に入り」に登録して、いつも開くページをお気に入りから開く使い方は、古くなっています。メールなどのログインページを、アプリのように開くことで、そのページだけの画面を、そのページだけの大きさで開かせるChromeのアプリケーションモードは、パソコンをスマホのように使う使い方です。IEでは、これができないので、スマホでは使われません。不要な額縁が付き、不要なアドレスバーやメニューが付いたままページを見るのは不便なのです。そこでEdgeができましたが、Edgeにはショートカット作成機能はありません。というより、windows10以降、「ショートカット」は廃止になるのです。

ショートカットというのは、プログラムやアプリを起動させるアイコンです。windowsに追加されたアプリと、従来型のプログラムは、この起動アイコンの仕様が異なっています。8ではアプリのアイコンはwindowsのデスクトップ画面には置けませんでした。たから、スタート画面を作って、ここにアイコンを並べてデスクトップもここから起動するという、windowsとしては変な構造になったのです。すべてのプログラムの一覧は、windowsデスクトップに表示できないのです。これを、大幅に改造したのがwindows10です。アプリも、デスクトップ画面にウインドウとして開くことができるようにしたのです。このために、ショートカットアイコンの規格が変わり、従来柄のショートカットの作成には制限が加わりました。7からアップした人のために、一応従来型ショートカットも使えますが、正式にはタスクバーとスタートメニューにはショートカットは置けません。ここに置くには、「ピン留め」という操作で、アイコンの仕様を変更する必要があります。

「日めくりカレンダー」というのは、ChromeでGoogleカレンダーを開き、このショートカットをデスクトップに置くことです。

gcal01

このようなアイコンができます。この9という数字は、開いた日の数字になっています。これを開くことで、日付が変わります。

だから、「日めくりカレンダー」と称したのです。しかし、最初に作った時に、この絵にならないことがあります。Gというアルファベットになるのは、MSの嫌がらせというか、仕様です。しかし、パソコンを起動し直せば、このようになります。

これは、Googleがwindowsの仕様に反して、アイコン画像を変更することを起動の度に変更するからです。この機能は、気に入って数年前から使っていましたが、何度も使えなくなりました。その都度、あきらめていましたが、Chromeが更新されるとまた復活するという繰り返しでした。

作り方は、googleChromeで自分のカレンダーページを開きます。

2016-02-09 (1)

この見え方が、ブラウザモードです。アドレスバーに、ページアドレスがあります。他に開いているタブもあります。

右上の、Chromeの設定メニュー(横3本棒)を開き、「その他のツール」・「デスクトップに追加」を開きます。

2016-02-09 (2)

確認窓の、チェックを確認して(無ければクリック)、名前を短くして(2月の月は不要、後でも直せる)追加します。

2016-02-09 (3) 最初に表示される、Gマークがこれです。
以前は、「ショートカット」という名前も表示されていましたし、つい最近までは、タスクバーに追加という表現でした。

追加ボタンをクリックします。

デスクトップの、ショートカットアイコンをWクリックして開きます。

2016-02-09 (4)

このように、アドレスバー・メニューバー・タブのないアプリケーションモードで開きます。

ショートカットを右クリックすると、タスクバーやスタートメニューに置くこともできます。しかし、このショートカットの管理は最初のデスクトップのショートカットでしかできません。ピン留めしたものは新しい規格になってしまいますが、アイコンに日付が出るのは同じになります。

2016-02-09 (5)

注意:

実は、この日めくり方式にまだ問題が残っています。
それは、月が替わると日が変わらなくなるのです。(これも嫌がらせ?)
それは、ショートカットの名前にも由来しています。○月のカレンダーとあるように、1カ月単位の設定なのです。昔はそうではなかったので、嫌がらせ対策かもしれません。
解決法は、毎月ショートカットを作り直すというのが一般的です。

でも、デスクトップにショートカットがあれば、このプロパティを開き、アイコン画像の場所を変更します。

2016-02-09 (6) ショートカットのプロパティを開き、アイコンの変更を開きます。

ここでアイコン画像の場所が表示されるので、月の数字を進めます。必ず半角で、年の後の半角スペースを消さないように、翌月の状態で一回開いてから、直します。それでも、タスクバーやスタートメニューの「ピン留め」はやり直す必要があります。難しいので、自信が無ければ、最初から作り直す方が良いです。この日めくりカレンダーは、月単位で綴じられていると思ってください。